ライフハック

【2019年】慶應卒男が買ってよかったもの厳選まとめ

いつの時代も、口コミというのは役に立つもの。

他人のちょっと耳にいれた情報から、これまで苦労していたことが一気に吹き飛んだり、便利になったり、劇的に人生を変えたりすることもある。

そこで今回は、僕がこれまで買ってよかったものを厳選してまとめたみた。

グンジョー
もっと早く買っておけば良かった・・!

というものばかりなので、ぜひ参考にしていただきたい。

僕も、よくボーナスが入ったタイミングとかで調べたりする。他の人のものって参考になりますよね。

また、使ってよかったサービス編についてもご覧いただきたい。

スポンサーリンク

・慶應卒男子が買ってよかったもの厳選まとめ【2019】

では、さっそく買ってよかったものを紹介していきたいと思う。

いずれも、使ってみて損はしないものなので、是非参考にしていただきたい。

・macbook pro

まずはみんな大好きmacbook。やはり買うならmacbook pro

macbook

海外スタバでドヤする例

近年は、macbookを持ってスタバで作業でもしようものなら叩かれてしまう程に普及した。

叩かれるのは「イカした感」が出てるわけだが、やはりマックブックはイカしたデザインなわけである。

部屋にあるだけでオシャレ感は出るし、作業をするのにも気分があがる

windowsと若干の操作性の違いはあるものの、特別なソフト等を入れていれてなければ苦労なく使えるはずだ。

・東プレのキーボード

東プレ_Realforceキーボード

find jobより

続いてはキーボード。どんなものかといえば、かの有名な東プレRealforce

社会人の人は、使用するオフィス用品にこだわりを持っているだろうか。

一流の社会人たるもの、1秒でも業務が効率的に回るようにしていかなければならない。

静電容量無接点というキー入力方式を採用したもので、その打感は爽快で他のキーボードにはない感触。一度味わうと、他のキーボードには戻れないだろう。

ライターやエンジニアご用達であり、昔からのファンも多い。

少し値は張るが、サラリーマンのオフィス作業の効率化には欠かせなく、投資するに値する一品であろう。

・電気毛布

冬の必需品の電気毛布

電気毛布

僕も電気毛布と出会う前は、ヒーターやエアコンを使っては「今月も電気代高いな・・」と毎月思ったり、学生時代にはこたつの中でつい寝てしまい、風邪を引いて大学を休むということをしていた。

しかし、かの有名ブロガーのちきりん氏が電気毛布を紹介しており、ちょっと使ったところこれが革命的。

冬はこれ1枚あれば過ごせるし、電気代も格段に安い。2000円3000円ですぐ買えるものなので、騙されたと思ってぜひ使ってみてほしい。

 

また、個別でも記事を書いているので参考にしていただきたい。

携帯ウォシュレット

こちらも、海外では必需品となる1品。携帯ウォシュレット

y530携帯ウォシュレット外観

普段の生活では気づかないことも多いが、ウォシュレットがない生活を想像したことがあるだろうか。

特に、海外旅行をすると外国ではウォシュレットがあるところは少なく、日本の素晴らしさに気付かされる。

そんな海外旅行や出張、留学中で大活躍するのがこの携帯ウォシュレットである。

こちらも、個別記事を書いているのでご覧いただきたい。

・ピンセット

続いては、ピンセットだ。ご紹介するのがrubis社ピンセット

rubis社ピンセット

ピンセット・・?と思った人もいるかもしれない。しかし、ピンセットで毛がつかめず、イライラした経験はないだろうか。

僕も、学生時代にひげが気になり、よくピンセットで抜いていた時期があった。

※今はヒゲ脱毛をしたため、ひげを抜くことはなくなった。↓参照

その時、思いが募りに募って、高級なピンセットを購入してみたのだ。

そのピンセットがrubis社のピンセットで、4000〜5000円するのだ。学生にとっては大金である。

しかしいざ使ってみると、か細い毛も見事につかみ、一発で抜ける。その爽快感たるや素晴らしかった。

今でも使用しており、劣化は特に感じられない。これを経験したら、もうこれまでのピンセットを使うのは難しいだろう。

長く使えるものなので、是非試してみてほしい。

・おすすめ本

ラストには、これまで読んできた中のおすすめ本を紹介していきたい。

何を紹介するのか迷うが、ひとまず頭に浮かんだものからいきたいと思う。

金持ち父さん 貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

ロバート・キヨサキ著作の有名な一冊である金持ち父さん貧乏父さん

会社員にとっては、知っておきたい考え方が学べる一冊である。

特に、年功序列が崩壊しつつある日本の若者たちにとっては読んでおいて損のない一冊だ。

この本では、自分の時間を切り売りする雇われ従業員になってはいけない、という内容が書かれている。

上記の考えを利用し、マルチ商法への勧誘でもよく使われると有名であり、予防のためにも読んでおくとよい。

“普通の人"だから勝てる エナフン流株式投資術

“普通の人"だから勝てる エナフン流株式投資術

資産運用としておすすめしたい一冊である、「“普通の人"だから勝てる エナフン流株式投資術」。

株はリスクがあるので嫌う人もいるかと思うが、この本は初心者にもおすすめで、個人投資家がどういった投資をしていくべきか、王道な考え方を学ぶことができる。

また、こういった正しい長期投資の考え方、企業分析を学ぶことで、社会の流れや流行り、ビジネスについても思慮深くなることができる。

世界的に有名な投資家である、ピーター・リンチにも似た投資方法で、投資をする人には是非読んでほしい一冊だ。

なお、気になる人は、エナフンさんのブログも読んでみるとよいだろう。あまり高頻度で更新をしているわけではないが、昔からブログで記事を記載しており、ここから有名となった。

・最後に:買ってよかったものまとめと今後

以上、これまでで買ってよかったものをまとめてきた。

冒頭にも記載しているが、いずれも買って後悔はないものなので、ぜひ気になるものがあったら使ってみてほしい。

今後も、色々なものを試してみて、おすすめしたいものが出てきたら情報をアップデートしていきたいと思う。

-ライフハック

Copyright© それはノーカン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.