それはノーカン

アラサーリーマンの諸行無常を皆のハートにお届け

ライフハック

【節約】一人暮らしの暖房は電気毛布一択である。コスパ最強!

投稿日:

日々の生活でかさみがちな電気代。特に冬の暖房費は、暖房器具の使い方しだいでとんでもないことになってしまうことも。

そこで今回は、長年の一人暮らしを経て、たどり着いた電気毛布の素晴らしさを語りたいと思う。

節約するためには必須と言わざるを得ない、コスパの良さを目の当たりにしてもらいたい。

1."一人暮らし"というシーンと、暖房器具それぞれの個人的な評価

まずは、暖房器具を使用する上で、一人暮らしの特徴を抑える必要がある。

一人暮らしは、書いて字のごとく、1人だけなわけだ。ということは、時間的・空間的に、1人が温まれば良い状況である。ここを意識するだけで、グッと節約に近づく。

上記を踏まえ、暖房器具をそれぞれ評価していきたいと思う。あげられる主な暖房器具としては、下記のものがメインどころであろう。

  • エアコン
  • ヒーター(灯油、ガス、ハロゲン等)
  • こたつ

では、それぞれについて評価とコメントをしていきたい。電気毛布については、別立てで紹介したいと思う。

①エアコン

エアコン

ヤマダウェブコムより

メリット

・初期費用が不要

エアコンは、部屋に備え付けられている場合が多く、初期費用はかからない事が多い。その点はメリットだ。

デメリット

・ランニングコスト(電気代)が高い

・空気を乾燥させ、風邪を引きやすい

しかし、冒頭で述べたとおり、エアコンは部屋全体を温めるため、一人暮らしの人間にとっては無駄になってしまうことが多い。

部屋が温まるのも時間がかかるし、風邪を引きやすくなってしまうのもデメリットだ。

六畳一間でも、冬シーズンにエアコンを使うのであれば、少なくとも3000円〜5000円くらいは電気代がかかってしまうのではないだろうか。

僕もエアコンで部屋を温めていた時は、そのくらいかかってしまっていた。

②ヒーター(灯油、ガス、ハロゲン等)

ヒーター

ヤマダウェブコムより

メリット

・暖房効率が良い

ヒーターのメリットは暖房効率が良く、即効性が高いことだ。寒い冬の日には、この点は重要となる。

デメリット

・ランニングコスト(電気・ガス・灯油代)が安くない

・初期費用がかかる

・消し忘れると危険度が高い

一方で、デメリットとしては費用がかかってしまう。ヒーターそのものを買う費用もそうだし、ランニングコストとしても安くはない。灯油のファンヒーターを使う場合は、灯油を入れる手間もかかってしまう。

そして、特に一人暮らしで注意したいのが、消し忘れの問題だ。家族や他に人がいれば防げるが、一人暮らしでうっかり寝てしまって消し忘れると、火事にも繋がることがある。

③こたつ

こたつ

ヤマダウェブコムより

メリット

・暖房効率が良い

・初期費用が安い

・ランニングコスト(電気代)が安い

こたつのメリットは、初期費用、および電気代が安いことだ。こたつの中だけを温めればよいため、熱も逃げにくく、消費電力もそれほどかからない。

電気代や初期費用だけで見れば、電気毛布と大差ないかと思う。

デメリット

・寝てしまうと風邪を引きやすい

・部屋がダサくなりがち

こたつの最大のデメリットは、風邪を引きやすいことだろう。

こたつに入って、うっかり寝てしまうというのは誰しも経験があるのではないだろうか。寝てしまうと、暑さで発汗し、身体の水分が少なくなる

そして、暑さのあまりこたつから脱出し、その辺でそのまま寝てしまうと、乾燥+急速な体温の低下のダブルパンチで風邪を引きやすくなる。

特に家族がいれば、起こしてくれたり、身体に布団をかけてくれたりするが、一人暮らしだとそうはいかない。

この点が、こたつの最大のデメリットだ。

2.電気毛布のメリット

ここまで、各暖房器具のメリットとデメリットをまとめてきた。では、電気毛布のメリットを紹介していきたいと思う。

初期費用が安い

電気代を節約したいがために、初期費用があまりにかかっては元も子もない。冬の何シーズンもかけてペイをするようではいけない。

電気毛布は、安ければ2,000円程度で購入することができる。

ランニングコスト(電気代)が安い

次に、電気毛布は電気代がめちゃめちゃ安い。

こちらは、ある電気毛布の電気代だ。1時間あたり1円いっていない

24時間つけっぱなしで1ヶ月過ごしても、700~800円なのである。電気代としては、格段に安い。

電気毛布の電気代

風邪を引かない

電気毛布は、風邪を引きにくい。

というのも、こたつのように暑くなりすぎないし、スイッチを切ればそのまま毛布として使えるため、身体が冷え切ってしまうことは少ない

僕は鼻が弱く、冬シーズンはずっと鼻炎気味で鼻詰まり状態にあったが、電気毛布を使うようになってからは、それが治った。

3.電気毛布のデメリット

特にない。以上である。

巷では、脱水症状や身体に悪いといった話もあるが、上述したように、こたつのように汗をかいて脱水気味だと思ったことは一度もない。

4.まとめ

ということで、電気毛布のメリットについて語ってきた。

今まで使っていた暖房器具を電気毛布に変えるだけで、大きな節約となる。

また、節約をする上では、大きな出費を抑えることが重要だ。過去に、大きな出費の節約方法について、エントリを書いているため、ぜひ参考にして欲しい。

-ライフハック

Copyright© それはノーカン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.